kdm20201118_011_s.jpg pxt00007314380502.jpg kdm20201118_024_l.jpg

 

腐ったみかんを伝播させない!

私たちはフードロスを無くす取り組みを実践しています。

ものを大事に、モノも大事に。


 世界で生産される果物・野菜の約半分は食べられずに捨てられています。(FAOハンガー・フリー・ワールド)私たち先進国では、消費される段階でのフードロスが問題になりますが、途上国ではサプライチェーンが脆弱なため、生産や貯蔵の段階でフードロスが起こっているのが現状です。
 日本でもここ4~5年の暖冬により、生産現場で多くの農作物のロスが起こっています。私たちは事業を通じ、農作物のロスを削減し、品質を高めることに貢献することで、生産者の方々が高品質な農作物を消費者に提供できる社会をつくっていきたいと思っております。
 一方で私たちの提供する小型の製品は壊れたら新しいものに買い替えることが当たり前のように行われています。開発した製品は絶対に壊れないように作っています。それは、自社で責任を持ってメインテナンスをしながら、お客様に長く大事に使ってもらいたいからです。
 開発したプラズマ殺菌技術は、常温で薬剤を一切使わずに、農作物の鮮度保持を行うことができます。太陽光でも稼働するため、将来的には途上国の生産現場に導入して、途上国の農作物の廃棄ロスを減らす活動に発展させることが私たちの目指すところです。


 
株式会社タベテク 代表取締役 田苗 眞代

note

@tanaemasayo

暖冬による貯蔵みかんの廃棄ロス

常温倉庫の貯蔵みかんの約25パーセントがカビなどにより廃棄されています。

Acsess

アクセス
〒816-0811 福岡県春日市春日公園3丁目5-11 パルデンス春日公園202号TEL 090-1368-6827